東京で埋没法の整形手術を受けてコンプレックスを解消しました

整形を受ける決意

私の子供の頃からのコンプレックスというのが目が一重瞼という事で、テレビの芸能人や周りで美人と呼ばれる人は皆二重瞼だったのでいつも自分も二重瞼に憧れていました。
その為高校生の頃からはアイプチを使って二重瞼にしたり、化粧で一重瞼が目立たないように工夫していたのですが、私の場合アイプチを連続して着けると肌荒れを起こしてしまいましたし、アイプチを取ったり化粧を落としたりすると自分の本来の顔との落差でいつも落ち込んでしまっていました。
その為大人になってからは漠然と整形したいという気持ちが湧いてきていて、高校生のうちから整形について色々調べるようになっていました。
大学生になってからはアルバイトの時間を増やす事ができるようになったという事もあり自分が使えるお金が増えたので、高校生の頃から考えていた整形を受ける決意をしたんです。

整形を受ける決意 | 埋没法で二重瞼にする | 整形手術を受けて長年のコンプレックスを解消